家づくりへの想い

「家」は長く大切に住むもの。古くなっても価値のある家づくりを目指して。

はじめまして。長谷川建築「ほっとハウス」代表の長谷川竜司と申します。
私たちの家づくりは決められたプランから選ぶのではなく、お客様のスタイルに合った家づくり「自分スタイルの家」をご提案しています。

私が設計する際には「お客様の趣味」、「奥様の目線」、「お客様の環境、安心」「お子様の未来」、光、風、そしてその土地に合った家づくりを考え設計するようにしています。

また、建ててから30年程度といわれている日本の住宅寿命の短さに疑問を感じ、ヨーロッパ諸国のような、古くなっても価値がある家づくりを目指し、ヨーロッパへの研修、新しい建材や近年のエコ住宅にも対応できるような、新しい取組みも始めました。

古くなり、深みを増して美しくなっていくものを、修理しながら大事に使い続ける。住み続けることで味が出てきて、訪れる人に「いい家だね」といってもらえる家。長く暮らせる家を、子どもや新しい住人の次の世代へ残せる喜びを味わいましょう。

お客様にご満足いただける住まいをご提案できるよう、スタッフ一同、誠心誠意、努力いたします。これからも、長谷川建築「ほっとハウス」を宜しくお願い致します。

長谷川建築「ほっとハウス」
代表 長谷川 竜司

電話をかける